【公式】ハワイに移住、ハワイで働きたい【ハワイJ1サイト】

資料請求

● 新型コロナウイルスによるJ1ビザへの影響について

ハワイで働こう! ハワイで働くならワーホリではなくJ1ビザ ハワイでJ1ビザを取るならハワイJ1 ハワイJ1サイトを運営する「TMS HAWAII」は、『ハワイ州観光局公認の地域活性・社会貢献プロジェクト』【111-Hawaii Award】の主催・運営を行っている企業の一つです。
ハワイで働こう! ハワイで働くならワーホリではなくJ1ビザ ハワイでJ1ビザを取るならハワイJ1 ハワイJ1サイトを運営する「TMS HAWAII」は、『ハワイ州観光局公認の地域活性・社会貢献プロジェクト』【111-Hawaii Award】の主催・運営を行っている企業の一つです。
ハワイで働こう!
ハワイで働こう!
ハワイで働こう!
ハワイで働こう!
ハワイで働こう!
ハワイで働こう!
ハワイで働こう!
ハワイで働こう!

ハワイJ1サイトを運営するTMS HAWAIIは、
「ハワイ州観光局公認の地域活性・社会貢献プロジェクト」
【111-Hawaii Award】の主催・運営を行っている企業の一つです。

こんな人こそ、ハワイJ1

何かを見つけたい。海外でチャレンジしたい。好きな英語を生かしたい。ワクワクしたい。 何かを見つけたい。海外でチャレンジしたい。好きな英語を生かしたい。ワクワクしたい。

安心のハワイJ1・10年の実績

業界最多!20業種 100社以上!。10年の実績。ビザ取得600人以上。ハワイ現地にオフィス。事前診断カウンセリング完全無料ビザ取得率100%。

ハワイJ1は、J1ビザのサポートを行って10年の実績があります

海外に住みたい海外で働きたい

そんな皆さんの夢をハワイで実現しませんか? まずは無料の事前診断を受けてみましょう。
すでに1000人以上の人が相談をしています。日本から海外に出て、新たな自分を見つけたい!そんな人が毎年どんどん増えています。

さて、次はあなたの番です!チャレンジするなら今すぐ!

あなたにぴったり業種を選べる
のはハワイJ1だけ

あなたにぴったり業種
を選べるのはハワイJ1だけ

あなたにぴったりの業種を選べるのはハワイJ1だけ

ハワイJ1の選べる業種一覧

  • 旅行会社
  • ウェブ制作・ウェブ関連会社
  • メディア(雑誌・新聞、ラジオ)
  • 広告代理店
  • ツアー会社
  • トロリー・バス会社
  • フォトツアー会社
  • 航空会社
  • アパレル
  • 美容室
  • アクティビティー施設
  • 観光局
  • ウェディング会社
  • マーケティング会社
  • フードコート
  • ベーカリー
  • デザイン会社
  • 文具店チェーン
  • 飲食・フード
  • 製麺会社
  • 不動産会社
  • 小売店・ショップ
  • メーカー
  • エステサロン
  • 会計事務所
  • 弁護士事務所
  • レンタカー会社
  • ※一部条件がある業種もあります。
  • 旅行会社
  • ウェブ制作・ウェブ関連会社
  • メディア(雑誌・新聞、ラジオ)
  • 広告代理店
  • ツアー会社
  • トロリー・バス会社
  • フォトツアー会社
  • 航空会社
  • アパレル
  • 美容室
  • アクティビティー施設
  • 観光局
  • ウェディング会社
  • マーケティング会社
  • フードコート
  • ベーカリー
  • デザイン会社
  • 文具店チェーン
  • 飲食・フード
  • 製麺会社
  • 不動産会社
  • 小売店・ショップ
  • メーカー
  • エステサロン
  • 会計事務所
  • 弁護士事務所
  • レンタカー会社
  • ※一部条件がある業種もあります。

ハワイに住みながら、憧れの企業で働けるチャンス!

ハワイに住みながら、憧れの企業で働けるチャンス!

  • JTB
  • JAL
  • ワタベウェディング
  • 近畿日本ツーリスト
  • HIS
  • レイハワイ不動産
  • ALUIS WEDDING
  • ユニバリュー・クリエーションズ
  • クアラオランチ(牧場)観光

ハワイで働ける企業一覧

ハワイで働ける
企業一覧

  • JTB ハワイ
  • 日本航空ホノルル支店
  • ワタベウェディング
  • HISハワイ支店
  • ウェットアンドワイルド
  • クアロアランチ(牧場)
  • JALパックインターナショナルハワイ
  • 近鉄インターナショナルハワイ
  • (近畿日本ツーリストハワイ法人)
  • ベストブライダル
  • エンジェルズ・バイ・ザ・シー
  • タカミブライダル
  • シーライフパーク
  • アールウィズウェディング
  • グロリアブライダル
  • ラニ・インターナショナル
  • 東武トップツアーズ
  • 日本旅行ハワイ
  • ニッポンレンタカー
  • 全日空ホノルル支店
  • わらべやUSA
  • ミキトラベル
  • ワイキキ横丁
  • ビルズハワイ
  • ハワイ報知新聞社
  • 日刊サン
  • アロハストリート
  • カウカウ/ハワイに住む
  • ライトハウス・ハワイ

ハワイJ1利用者の声

  • すべてにおいて信頼できるのはここだけでした

    田中亜貴さん

    田中亜貴さん
    研修先:旅行会社

    希望職種やその人の職務経験と個性にあった、トレーニング先を紹介してもらえました。トレーニング先会社が確定した後、アメリカ領事館でのビザ面接、ビザ代の支払い、渡米後のアフターフォローもしっかり充実してました。

  • 背中を押してもらえました

    小畑鈴代さん

    小畑鈴代さん
    研修先:語学学校

    J1という機会を利用してハワイに行くことに対して迷っていた私の背中を押してもらえました。何かあった時にすぐに相談できる方がハワイ現地にいらっしゃるということがいつも心強かったです。

  • ハワイの全ての瞬間を楽しんだ

    相澤千枝さん

    相澤千枝さん
    研修先:ツアー会社

    日本にいたら絶対に経験できないであろうことを味わえて、さまざまな出会いもある。一つひとつが自分の糧になっていくと思うと、思いきってインターンに参加して良かったと思います。

  • この選択は正しかった

    N・Mさん

    N・Mさん
    研修先:クアロア牧場

    海外で一から自分で生活しているので、自分の内面的にも成長につながっていると思います。職場のスタッフとのコミュニケーションは全て英語なので、英語スキルの向上にも繋がりました。

あなたのハワイJ1が実現します

あなたの
ハワイJ1が実現します

あなたの夢をハワイJ1が実現します あなたの夢をハワイJ1が実現します

ハワイJ1サイトでは、インターンシップ希望者の立場になって、受け入れ企業(ホストカンパニー)を紹介しています。すべて有給のインターンシップですので、ご安心ください。また、ハワイ現地にオフィスがある強みとして、現地の数多くの会社とお付き合いがあり、実際に、ハワイで働くJ1サイトが企業や団体のオーナー、責任者に直接会って交渉しますので、受け入れ先として相応しくない企業(※米国務省の規定で、インターンシップができない業種・業務は指定されています)は紹介いたしません。
ハワイ移住後のトラブルが少ないのは、そこが理由です。

ハワイJ1サイトは、ハワイ州のライセンスを取得していますが、受け入れ企業からはインターン生紹介による「斡旋料」をいただきません。さらに、インターンシップ希望者から追加費用を受け取ったり、「最初の3ヶ月は無給」と謳って給与を天引きしたりするエージェントもありますが、弊社は一切いたしません。

すでにを叶えた方々は600人を超えました!

すでにを叶えた方々は
600人を超えました!

すでに夢を叶えた方々は600人を超えました! すでに夢を叶えた方々は600人を超えました!

アメリカで働きたい・・・そんな夢を叶えるのは、あなた次第! 「ハワイで働くJ1」はアナタの夢を全力でサポートします。大切なのは、これまでの職歴、学歴、そして英語力です。もちろん現地企業に貢献できる仕事力は必要です。ハワイでのインターンシップ中に、受け入れ企業に認められたら、その後もハワイで働ける「就労ビザ」をサポートしてもらえる可能性もあります。まさにアメリカンドリームの実現! アメリカでは自分の進む道は自分の実力で掴み取ってください。ハワイでのインターンシップは、その第一歩となるはずです。

ハワイJ1
10個の信頼実績

  • 申請を始める前に、ビザ取得の可能性を無料で事前診断いたします。
  • ハワイJ1ではJ1ビザをサポートしてくれるスポンサー団体5つと契約しています。
  • 創業10年で、600人以上のビザ取得サポート実績があります。
  • 相談実績は1000人以上。毎年どんどん増えています。
  • 受入企業との面接の前に完全無料でカウンセリングを行います。
  • 業界最多の20業種から選べます。
  • 100社以上から希望する受入れ企業を選定します。
  • 年に2回、米国法人企業向けにJ1ビザのセミナーを開催しています。
  • 現地オフィスがハワイにあるので、インターンシップ開始後も安心です。
  • 現地オフィスだからこその、受入れ企業との圧倒的な信頼関係があります。実際に現場を見た企業しか紹介しません。

ハワイJ1サイトを運営するTMS HAWAIIは、
「ハワイ州観光局公認の地域活性・社会貢献プロジェクト」
【111-Hawaii Award】の主催・運営を行っている企業の一つです。

ハワイJ1
安心サポート体制

  • J1ビザは、米国務省のビザ審査団体(ビザサポート団体と呼ぶこともあります)がビザを審査します。そのビザサポート団体と5団体以上と取引しています。エージェントによっては、1つのビザサポート団体としか契約していないというエージェントもあります。団体によってビザの審査基準が変わりますので、多くの団体と契約しているということは重要。アナタのビザ取得可能性が圧倒的に高まるわけです。
  • ビザ審査団体との英語面接、米国大使館での英語面接に備えたネイティブスタッフによるレッスンを複数回行い、面接に合格できるレベルになるまで万全サポートします。
  • 申請中も複数のスタッフでサポートし、書類づくりを全て代行します。
    (一部ご本人がやっていただく手続きもあります)
  • 受入れ企業を選定する前にスタッフが無料カウンセリング。企業選びの注意点などをお伝えします。
  • ハワイ生活に必須な銀行口座の開設や携帯電話の契約は現地オフィスにてサポートします。SSN(ソーシャルセキュリティナンバー)の取得などもアドバイスします。
  • インターンシップスタート後も、電話相談・オフィスでの相談ができます。安心です。
  • 米国人の弊社顧問弁護士も必要に応じて随時、アドバイス、サポートいたします。

ハワイで働けるJ1ビザとは?

最長18カ月間、ハワイ(米国)で働けるビザです。語学力を磨き、国際感覚、米国企業でのマネージメント力を身につけ、今後のキャリアアップに役立てることができます。もちろん、米国に滞在するわけですから、アメリカのカルチャーを学べる貴重な体験となります。

  • J1ビザってなあに?

    J1ビザってなあに?

    カナダやオーストラリアで働くにはワーキングホリデー制度を利用しますが、アメリカは、J1ビザを取得する必要があります。アメリカ国務省が認定する職種、業種で有給の研修ができるビザ。インターンシップ研修生に発給されます。

  • J1ビザの滞在期間

    J1ビザの滞在期間

    滞在期間は1年もしくは1年半。業種によって規定されています。ハワイで働き、給与を受け取ることができます。
    アメリカの観光ビザの滞在期間は3ヶ月以内なので、それよりも長くハワイで暮らしたい人にはピッタリのビザです。

  • J1ビザの男女比率

    J1ビザの男女比率

    実は女性が非常に多く、比率は女性が80%、男性が20%。年齢は今まで22歳から46歳までの人がJ1ビザをハワイJ1で取得していますが、特に30歳から35歳くらいまでの女性が多い傾向にあります。

  • どんな人が参加できるの?

    どんな人が参加できるの?

    短大・専門学校・大学卒の学歴をお持ちなら、1年以上の日本での職歴があれば大丈夫です。高校卒の学歴でもOK。その場合は5年以上の日本での職歴があればインターンシップに参加できます。アメリカで働くわけですから、英語力は必須。ビザ取得にあたり米国人との面接もあります。現在の英語力の診断も、ハワイJ1で行っていますので、ご安心ください。

  • J1ビザについて
  • 40代の方も取得可能

    40代の方も取得可能

    カナダやオーストラリアのワーキングホリーデーの年齢制限は30歳までと決まっています。しかし、J1ビザの年齢制限は決まっていないので40代の方でも取得することができます。(実績あり)

  • 事前診断までは完全無料

    事前診断までは完全無料

    J1ビザ取得の事前診断と英語力チェックまでは完全無料です。事前診断に合格したら念願の正式申込み。企業面接設定費用として申込金5万円をお支払いいただきます(この5万円はデポジットとなり、その後ビザ申請する際の費用に充当されます。ただし返金はいたしません)。その後、業種を選び、企業を選んで、採用面接へと進んでいただきます。企業に内定しましたら、正式にJ1ビザの申請へと進みます。

  • ビザ申請にかかる費用

    ビザ申請にかかる費用

    ビザ申請費用は、約82万円〜約91万円(+ハワイ州税4.712%)です。その内訳は1年間の研修費用で約71万円(6,450ドル)。もしくは、1年半の研修費用で80万円(7,250ドル)。企業紹介費用が11万円(1,000ドル)です。なお、申込の時支払われた5万円はデポジットなので、申請費用から割り引かれています。(1ドル110円換算)

  • ハワイ生活にかかる費用

    ハワイ生活にかかる費用

    まずハワイに来る飛行代(約10万円〜)。生活費用として大きいのは住居費で、ルームシェアで約9万円〜。一人暮らしのワンルーム約14万円〜。自炊中心であれば食費は抑えられますので、毎月の給料18万円~24万円の範囲内で生活している人も多くいます(給与からは所得税のみ引かれます)。ビザ取得時に銀行の残高証明(※)も必要ですので、万一の出費に備えて貯蓄があると安心です。

<ビザ申請費用$6450〜7250(約70万円〜約80万円)に含まれるもの>

  • ●DS2019申請費用:(米国国務省への支払い)$3500〜4500(約40万〜50万円)
  • ●SEVIS費(米国ビザ登録費用):(米国国土安全保障省への支払い)$220(約2万4千円)
  • ●保険代(J1ビザ付帯の医療保険:最大12か月):(米国保険会社への支払い)約$1000(約11万円)
  • ●郵送代(申請書類送付):書類一式をご自宅まで約2-3日でお届けする郵送代 約$100(約1万1千円)
  • ●DS7002 書類作成費用:トレーニングプラン作成費用(ハワイJ1)
  • ●DS2019 申請書作成費用:企業からの証明書作成 (ハワイJ1)
  • ●面接指導 英語面接レッスン:何度でも受けれます(ハワイJ1)
  • ●在日米国大使館での面接用のレッスン(ハワイJ1)
  • ●ハワイ現地での生活サポート:さらに、渡米後のハワイ現地での生活サポートも費用に含まれております。
    (「ドル建て銀行口座」や「携帯電話」の開設をはじめ、ハワイ滞在中の日常サポートや相談など)
    ※1ドル=約110円換算

※申込金は返金いたしません。企業面接の設定費用となります。(3社以上のご紹介をお約束します)

※残高証明金額  滞在期間1年の場合→120万円以上 1年半の場合→180万円以上

ご利用者の働くまでの流れ

ご利用者の働くまでの流れ1 ご利用者の働くまでの流れ1
ご利用者の働くまでの流れ2
ご利用者の働くまでの流れ3

ハワイJ1 ビザ申請の流れ

ハワイJ1 ビザ申請の流れ ハワイJ1 ビザ申請の流れ

ハワイJ1は、ビザの申請の事前審査から、申請手続き、受け入れ先企業での研修開始まで全てサポートいたします。研修開始後のご相談もお受けしています。

ご利用者の情報

男女比率

女性:80%
男性:20%

J1ビザを取得した年齢

22歳〜46歳

働いた企業

JTB ハワイトラベル 大塚アンドアソシエイツ ファーラブ 808トランス ハワイアンジョイ不動産 エッグスン・シングス 踊り子 アビステ ルピシア ベルトラ ワールドビュー法律事務所 ホノルルウェディング ロコ・ブティック さゆみウェディング ハワイ報知新聞 アロハアウトレット グローバル・ビレッジ・ハワイ HIS ハワイ ハミルトン・ブティック いやす夢 サチハワイ不動産 ブリーズ・ハワイ ワタベウィディング ライトハウスハワイ ANAセールスアメリカ R&Cハワイ Cokコーポレーション クアロアランチ モニ ハトリエ クラウドサーフホノルル ハワイアップ アイランドスウィーティー ユニバリュークリエーションズ ハワイアンオーシャンプロモーションズ マノアバレーイ センチュリー21マリン・エクスプレス スターオブホノルル サンヌードル ジエー チェリーカンパニー タカミブライダル 東武トップツアーズ トニーアロハマーケティング トリーバーチ TOSハワイ わらべやUSA ミキ・トラベル ミューズバイリモ マキノ茶屋 アロハテーブル ハワイアンブライダルサービス ハワイアン・アイランドクリエーション アールイズ ウェディング クラウディア ラニ・インターナショナル ウェットアンドワイルド 日刊サン ロノ コアナニ ムルア メネフネ・ウォーター ハワイアン・サウスショア ホノルル・オプティカル 日本航空ホノルル支店 JALPAKインターナショナルハワイ カトウ・ゴルフツアー 近鉄インターナショナルハワイ アンテプリマ アヴァンティ・グループ ビッグ・アイランド・アバロネ 日本旅行ハワイ 長野森田会計事務所 ネオプラザニッポンレンタカー オーシャンウェディング ヒロシオクダ会計事務所 さわやかハワイ スパーク・ハワイ ベスト・ブライダル・ハワイ アランチーノ アトランティス・アドべンチャーズ CGインターナショナル ウインドワードシー ワールドアシスタンスサービス ワールドブライダル ワイキキ緊急医療クリニック BRUGベーカリー ビルズ・ハワイ エ・ノア・コーポレーション

ご利用者の働いている様子

  • 旅行会社で働く田中亜貴さん

    旅行会社で働く田中亜貴さん

  • 語学学校で働く小畑鈴代さん

    語学学校で働く小畑鈴代さん